女性の髪の毛基礎知識・ヘアサイクルとホルモンの関係

この記事では女性の髪の毛の基礎知識として、ヘアサイクルの事ホルモンバランスのことなどから女性の髪の毛の問題について着目していきたいと思います。

髪の毛は何のためにあるの?

髪の毛は外見上のイメージのためにあるわけではないです。そもそも髪の毛は身体を覆っている皮膚の一部です。皮膚には表皮層→真皮層→脂肪層に分かれています。厳密には髪の毛は表皮から発生する皮膚の一部であり、私たちが日常生活を送る上で欠かせない働きをしています。

例えば、体温が急激に低下してしまうのを抑えてくれたり、紫外線を遮ったり、ものが頭にぶつかった時にクッションの役目をしてくれます。

髪の毛の構造

髪の毛が斜めに生えているのはなぜ?

髪の毛は頭皮に対して斜めに生えており、雨などの水滴が表皮にあたらないようにして急激な体温低下を防いでいます。髪の毛は体温を維持してくれる重要な役割もあるんですね。

髪の毛は死んだ細胞・・・

毛幹とは頭皮から出ている髪の毛の部分。毛幹はケラチンと呼ばれるたんぱく質から出来ています。頭皮の中に埋まっているのが毛根で髪の毛を作っているのが毛根部分になります。だから、毛幹は既に死んでしまった細胞になるんですね。

毛球は髪の毛の製造工場

髪の毛の成長で一番大切なことは毛根の一番下にある毛球です。髪の毛の製造工場といえるのがくぼんでいる部分の毛球頭です。ここには髪の毛の元となっている毛母細胞があります。毛母細胞が酸素や栄養素と取り込んで細胞分裂を繰り返して髪の毛が伸びていきます。通常は1日平均で0.35mm程伸びるといわれています。

髪のヘアサイクル

髪の毛には寿命があります。毛母細胞から産まれた髪の毛は成長していきますが、やがて寿命を迎えることで自然と抜けていきます。人間の髪の毛は10万本あるといわれていますが、1日に80~100本くらいは自然に抜けていきます。

それだけ抜けても髪の毛がなくならないのは次から次へと新しい髪の毛が生えてくるからです。

このように髪の毛は古い髪の毛が抜けて、新しい髪の毛が生えてくるサイクルがあります。

これをヘアサイクル(毛周期)と言って、成長期・退行期・休止期の各ステージに分かれます。

各ステージでは髪の毛がどのようにあるのかを表したのが下図になります。

ヘアサイクル

成長期(2~6年)

毛母細胞の細胞分裂が活発になって毛球部でどんどん毛が製造されてきます。
作られた毛を上へと押し上げてきます。これは全体の90%になります。

退行期(2~3週間)

次が退行期になります。毛母細胞の細胞分裂が衰えてきます。髪の毛の色を決定する色素細胞の活動も弱まります。

休止期(3~4ヵ月)

毛母細胞の細胞分裂が止まってしまう時期です。髪の毛の製造がストップします。この後の成長期がやってくる前に古い髪の毛は抜け落ちていきます。

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因は男性の薄毛とは違うメカニズムになっています。
薄毛になってしまう要因には何があるのでしょうか?

更年期のホルモンバランスの乱れ
加齢によるヘアサイクルの変化
頭皮環境のトラブル
ストレスによる血流の悪化
過剰なダイエット
偏った食生活

など、さまざまな原因でボリュームのない薄毛を作ってしまいます。

女性ホルモンとの関係性

  • ハリやコシがなくなった。
  • パサつきやすくなってきた。
  • 髪の毛が細くなった。

などの女性の髪の毛の変化は血流が悪くなることと合わせて、女性ホルモンのバランスが崩れることが一つの原因とされます。
もちろん、これらがすべて薄毛へと繋がるわけではないですが、年齢を重ねる事に伴って髪の毛がどのように変化するのかを知っておくことで髪の毛と長い付き合いが続けて行けますね。

女性ホルモンで知られているのが、エストロゲンとプロゲステロンです。このホルモンは女性らしい体つきを維持したり妊娠や出産にかかわるホルモンになります。そのうち、髪の毛を維持する為に働くのはエストロゲンの方になります。

女性ホルモンは卵巣から分泌されるホルモンで卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)があります。
その分泌量は30代を境に減少していきます。

20代
女性ホルモン分泌量の頂点に向かっていく20代は髪の状態も良好である人がほとんど。髪のハリやコシなど髪の毛の量の多さはピークになります。
30代
徐々に髪の毛に波打ったようなうねりが出てくるようになります。この現象は髪が乾燥しやすくなって、空気中の水分を含んでしまうので、指通りの悪さを感じてしまうことになります。
40代
更年期前後には髪質が低下します。閉経後にはその現象が顕著になって薄毛が目立ってしまったり白髪が増えることがあります。
60代以降
髪の加齢変化は顕著にみられるようになります。頭皮の乾燥も加速していき、薄毛が気になり始める人も多くなります。
その一方で若い頃と同じような健康な髪の毛をキープする人もいます。

まとめ

以上、女性の髪の毛のメカニズム、抜け毛の原因、ホルモンとの関係について解説しました。

男性と異なる点は遺伝はあまり影響を受けないのが女性の薄毛です。

髪は長い付き合いになります。今だけでなく、これから先も毎日のヘアケアの積み重ねで決まってきます。

あなたの身体、大切にしていますか?