女性薄毛の6つの抜け毛のタイプ

女性の薄毛は男性型脱毛症のように特定の部位から髪の毛が後退するのと違って、頭髪全体が均等に抜けが始まってしまうのが特徴です。

特に髪の毛の分け目が透けて見えるようになります。これを「びまん性脱毛症」といって女性に多い脱毛のタイプになります。

女性の薄毛のタイプ

また、妊娠から出産後にみられるのが分娩後脱毛症です。分娩後脱毛症はホルモンバランスの著しい変動によって一時的かなり抜け毛が目立ちますが、出産後1年後~1年半くらいで抜け毛の量は元に戻るのが一般的です。
一般的には一度目の出産よりも2度目以降の出産後の方がもとに戻る為の時間がかかるようです。

これは加齢の要因が加わるためと考えられますが、高齢出産などで体力の回復が遅い場合には抜け毛の量がなかなか改善されないこともあります。

他にもいくつかのタイプがあります。

1.びまん性脱毛症

女性の薄毛でもっとも多いタイプです。生え際が後退するのではなく、頭髪全体が薄くなって、脱毛部分の境界線がハッキリしないのが特徴です。原因は老化やストレス、極端なダイエット、誤ったヘアケアなどさまざま。

女性用の育毛剤は一般的にびまん性脱毛症の人向けに作られています。

女性用育毛剤口コミランキング◆商品を成分、価格、使い心地で徹底比較
わたしが抜け毛が気になり始めたのは30代前半からで、頭皮が透けて見えないように分け目や髪型を変えたりしていましたが、濡れた髪の毛を見ると明らかに気休めであることが分かってしまいます。 「30代から育毛剤なの?」と初めはハードル...

2.分娩後脱毛症

妊娠後期には女性ホルモンが増加し抜け毛が減少します。この時の頭髪は成長期を維持している状態です。しかし、出産後のホルモンバランスの変動によって、成長期を維持してきた毛髪が一斉に休止期に入ってしまうため毛が抜けます。

出産後のママも安心して使える育毛剤は無添加育毛剤のマイナチュレがおすすめです。ママになっても美しく過ごしたい人にはお勧めです。

マイナチュレ育毛剤の口コミまとめ◆年齢のせいと諦めたらそこで終わり
年齢を重ねるごとに薄くなっていく髪の毛。時間をかけても思うように髪型が決まらなかったリ、人の目線が気になったり、女性だからこそ「年齢だからしょうがない」と諦めたくない人は多いはず。 そんな人たちが続々と薄毛の悩みを解消して、女性として...

3.牽引性脱毛症

長期間、髪の毛をきつく縛ることで頭皮の決まった部分に負担がかかって、その部分だけに抜け毛になります。分け目や強く引っ張る部分に起こり、ポニーテール脱毛とも呼ばれています。

4.円形脱毛症

自分の毛根を敵と勘違いしてリンパ球が毛根を攻撃する自己免疫疾患の一種です。ストレスとの関係がいわれることもありますが、科学的な根拠は今の所ありません。また、保険診療になるケースとならないケースがあります。
育毛剤を使用してもあまり効果がないことが多いです。

5.脂漏性脱毛症

皮脂の過剰分泌によって頭皮に炎症が生じて起こる脱毛です。対処方法としては脂質の少ない食生活に変える、正しいシャンプーを心ががける。頭皮を清潔に保つなど皮膚炎として診断された場合には保険診療となります。

6.ひこう性脱毛症

フケが毛穴をふさぐことで炎症などが起きて髪の毛が成長できなくなった状態です。シャンプーのし過ぎによる皮脂の摂り過ぎが大きな原因です。

薄毛の質問

薄毛は遺伝するの?

髪の毛の太さや髪の量というのは遺伝的なものがあります。薄毛において男性の場合は遺伝的要因が強いといわれていますが、女性の場合遺伝の影響は少ないようです。

髪の毛のハリやコシがなくなったら薄毛が近い?

ハリやコシがなくなるのと薄毛になるというのは、どちらも加齢変化による血流の悪化やホルモンバランスの乱れから起きるものになります。この2つは同時期にでやすい髪の変化でありますが、直接の因果関係があるとはいえません。

抜け毛が増える季節ってあるの?

抜け毛増えるのは秋口です。これは夏の紫外線によって髪の毛がダメージを受けたことが一つの理由です。もともと動物は夏毛から冬毛に生え変わるものも多くて、この時期は毛が抜けやすくなります。

頭皮が硬いと抜け毛になりやすい?

頭皮が硬くなったからといっても抜け毛が増えたという因果関係は強いとはいえないです。もちろん、つっぱい感がない方が頭皮の血行がいいので、頭皮をほぐすことは結果として髪の毛にプラスになります。